住宅用火災警報器の種類としくみについて

消防法の改正により、住宅に設置が義務付けられました、住宅用火災警報器の種類やしくみ、そして設置方法等について説明いたします。住宅用火災警報器の種類としましては、熱式の住宅用火災警報器と煙式の住宅用火災警報器があります。住宅用火災警報器の仕組みについてですが、消防設備の中の自動火災報知設備の感知器と作動原理は同じになります。熱式の住宅用火災警報器は熱感知器と、煙式の住宅用火災警報器は煙感知器と同様の仕組みによりまして火災が発生した場合の熱や煙を感知します。自動火災報知設備の感知器と違う点は、自動火災報知設備の場合には、感知器、受信機、地区ベルとシステム化された設備であるのに対しまして、住宅用火災警報器は、感知器状の形状のものにこれらの機能も含まれているという点です。要は、住宅用火災警報器は、熱や煙を感知する部分と、周囲に知らせる音響装置の部分、そして、電池式のものが多いので電池を収納する部分が一体となったものです。家庭用100ボルトの電源からコンセントで電気を供給するものも一部ありますが。住宅用に開発されたものですから、何よりも設置の容易性を加味して、電池式のものが主流です。それでは、どの部分に住宅用警報器を設置しなければならないかと申しますと、玄関、トイレ等を除いた、各部屋、そして階段の上部に設置しなければなりません。設置する場合にも、部屋の使い勝手によって、熱式のものと煙式のものから、その場所に応じたものを設置しなければなりません。台所のように調理による煙の発生が考えられる場所には熱式の住宅用火災警報器がふさわしいでしょう。何故なら、調理中の煙による誤作動が考えられるからです。また、階段の上部及び寝室には煙式の住宅用火災警報器がふさわしいですね。なぜなら、火災による煙は上昇速度が毎秒5mとも言われていますので、階段内に侵入した煙を素早く感知して知らせることが、火災の早期発見につながるからです。寝室に煙式のものを設置する意味は、火災によって亡くなった方は煙を吸って亡くなるケースが多いからです。煙の成分は、可燃物の燃えた黒い炭化物のほかに、有毒ガスや一酸化炭素が含まれています。特に、一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結合するために、呼吸に必要な酸素を取り込むことを阻害します。このことから、少ない量を吸っただけでも危険です。このような意味で寝室には煙式のものが有効になります。住宅用火災警報機は設置する人に制限は設けてはいません。自動火災報知設備の感知器を設置する場合には、消防設備士という公的な資格を持った者でなければなりませんが、住宅用火災警報機にはそのような制限はありません。出始めは価格も高いものでしたが、現在では家電量販店、ホームセンターでも販売していますし、価格的にも安価になりました。アメリカでは、かなり以前から住宅用火災警報機が義務づけられていました。住宅での火災の犠牲者を減らす上で大事な設備ですので、是非、皆さんのご家庭でも住宅用火災警報器を設置いたしましょう。

fxブログ 評判

シマックス 車

ホームページ作成やデザインは名古屋で

中絶手術薬専門販売

江坂 マッサージ 格安